トップ > 医療事務資格 > 医事コンピュータ技能検定資格の取得情報

医事コンピュータ技能検定資格の取得情報

医事コンピュータ技能検定受験資格条件(民間資格)資格の取得情報です。

・医事コンピュータ技能検定概要
医療事務及びコンピュータ、医事コンピューターのオペレーションについての知識を有し、 カルテ及び診療伝票を基に医事コンピュータを用いて正しいレセプトを作成することができるかを判定するものです。医療秘書検定と並ぶ重要な資格です。3・2・準1級の3段階あります。

・受医事コンピュータ技能検定験資格
特になし

・医事コンピュータ技能検定試験内容
1.医療事務知識
2.コンピュータ関連知識
3.実技(オペレーション)

・医事コンピュータ技能検定試験日
6月・11月の年2回実施。

・医事コンピュータ技能検定試験地
全国各地の会員校の一部で実施。

・医事コンピュータ技能検定に関する問合せ先
医療秘書教育全国協議会
〒134-0088
東京都江戸川区西葛西6-17-1-201
TEL:03-5675-7077
URL:http://www.medical-secretary.jp


医事コンピュータ技能検定とは?

医事コンピュータ技能検定とは、医療事務およびコンピュータについての基礎的な知識を有し、カルテおよび診療伝票を基に医事コンピュータを用いて正しいレセプトを作成する能力を問う試験です。

内容は、診療報酬請求から支払いまでの基礎的なシステムを理解し、表計算ソフトや基礎的なコンピュータ関連知識などが具体的な内容と言えます。

医事コンピュータ技能検定を取得することにより、年々コンピュータ化が進んでいる医療事務の現場で活躍することができます。

参考までに、試験取得対策3級レベルの試験対策について説明します。

領域T 医療事務医療保険制度のあらまし及び診療報酬請求から支払いまでの基礎的なシステムについて知っている必要があります。

保険等の種別と患者負担金について、正しい知識等も必要で、医療にかかわるお金を正しく把握しておかなくてはなりません。

領域U コンピュータ関連知識PCの操作に必要な知識や、各種メディアの名称と扱い方、表計算ソフトウェアの操作の知識など最近では常識になりつつある技能です。

普段からPCに慣れていればほぼ何も対策する必要は無いでしょう。

領域V 実技医事コンピュータを使用して平均的な外来診療例のカルテ及び伝票から、レセプトを作成できるかを試されます。

病院、医院で医療秘書や事務職として働きたい人には取得しておくと有利な資格です。

この記事のカテゴリーは「医療事務資格」です。
医療事務系の各資格についてまとめています。
関連記事

医療秘書技能検定(民間資格)資格の取得情報

■医療秘書技能検定(民間資格)資格の取得情報です。 ・医療秘書技能検定の概要 医療機関などで保険診療の明細書を作成したりする病院の窓口会計が主な業務です。病院実務のスペシャリスト養成が目的です。病院だ...

メディカルクラーク(医療事務技能試験・民間資格)取得情報

メディカルクラーク,医療事務技能試験,民間資格

医療保険士資格の取得情報

医療保険士,資格取得情報,医療保険士とは?

調剤報酬請求事務専門士資格の取得情報

調剤報酬請求事務専門士,資格取得情報,調剤報酬請求事務専門士とは?,レセプト

更新履歴

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月09日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「医療事務資格」です。2007年08月04日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月03日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月01日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索