トップ > 医療事務資格 > 医事オペレータ技能認定試験の取得情報

医事オペレータ技能認定試験の取得情報

医事オペレータ技能認定試験(民間資格)資格の取得情報です。

・医事オペレータ技能認定試験概要
医療事務の現場で、レセプト作成などのコンピュータ操作のできる能力を評価する認定試験です。合格者には、メディカルオペレータの称号が与えられます。専門オペレーターのニーズが高まってきています。就職、転職に有利な資格です。

・医事オペレータ技能認定試験受験資格
2級メディカルクラーク(医科)であって、教育機関等が行う教育訓練のうち、認定委員会が認定規程により認める「医事オペレータ技能認定試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合する医事コンピュータ教育課程を履修した者

・医事オペレータ技能認定試験試験日
毎月

・医事オペレータ技能認定試験試験内容
学科(記述式・択一式) 
医療事務一般知識

医事オペレータ技能認定試験実技
外来、入院の診療伝票から患者情報、病名情報、診療情報を入力し、レセプトを4枚出力します。

※「受験校」については学科試験が免除となります。

・医事オペレータ技能認定試験に関する問合せ先
(財)日本医療教育財団技能認定係
〒101-0064
東京都千代田区猿楽町2-2-10-1917
TEL:03-3294-6624
URL:http://www.jme.or.jp


医事オペレータ技能認定試験とメディカルオペレータとは?

医事業務の遂行に不可欠となっている医事コンピュータの操作・処理に関する知識と技能のレベルを評価、認定することによって、その職業能力の向上と社会的な地位の向上に資することを目的とした検定試験です。

医療機関では、情報処理の円滑化や効率アップに向けて、コンピュータの導入は欠かせないものになってきています。医事部門においても、レセプト作成を迅速に行うためにコンピュータを活用するなど、医事業務のOA化が進んでいます。この認定試験は、医療事務の現場でコンピュータ操作のできる能力を評価するものです。
合格者には「メディカルオペレータ」という称号が付与されます。

コンピュータ操作のできる医療事務技能者のニーズは高まっており、専門オペレータの育成が大いに望まれています。

この記事のカテゴリーは「医療事務資格」です。
医療事務系の各資格についてまとめています。
関連記事

医療秘書技能検定(民間資格)資格の取得情報

■医療秘書技能検定(民間資格)資格の取得情報です。 ・医療秘書技能検定の概要 医療機関などで保険診療の明細書を作成したりする病院の窓口会計が主な業務です。病院実務のスペシャリスト養成が目的です。病院だ...

メディカルクラーク(医療事務技能試験・民間資格)取得情報

メディカルクラーク,医療事務技能試験,民間資格

医療保険士資格の取得情報

医療保険士,資格取得情報,医療保険士とは?

調剤報酬請求事務専門士資格の取得情報

調剤報酬請求事務専門士,資格取得情報,調剤報酬請求事務専門士とは?,レセプト

更新履歴

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月09日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「医療事務資格」です。2007年08月04日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月03日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月01日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索