トップ > 医療事務資格 > 調剤事務管理士資格の取得情報

調剤事務管理士資格の取得情報

調剤事務管理士(民間資格)資格の取得情報です。

・調剤事務管理士資格概要
保険調剤薬局において、事務全般を担当する専門家です。薬剤師が調剤に専念できるように、処方せんの受付や会計、調剤報酬明細書の作成などの仕事をします。薬局の運営に欠かせない存在としてニーズが高まっている資格です。

・調剤事務管理士受験資格
特になし

・調剤事務管理士試験内容
1.実技試験
調剤報酬明細書の作成(3枚)
出題範囲は、
調剤報酬明細書を作成するために必要な知識。

2.調剤事務管理士学科試験:
筆記(択一式10問)
出題範囲は、
・法規(医療保険制度、調剤報酬の請求についての知識)
・調剤報酬請求事務(調剤報酬点数の算定、調剤報酬明細書の作成、薬剤用語についての知識)

※実技・学科ともに70%以上の得点で合格。

・調剤事務管理士試験日
奇数月の第4土曜日(年6回実施)

・試調剤事務管理士験会場
日本医療事務センターの指定会場、受験申請のあった専門学校、各種学校等。

・調剤事務管理士資格に関する問合せ先
葛Z能認定振興協会
〒101-0024
東京都千代田区神田和泉町1-12-17
久保田ビル 3F
TEL:03-3864-3559
URL:http://www.ginou.co.jp


調剤事務管理士とは?

今日では、保険医療機関が処方せんを発行し、薬の調剤に関しては保険調剤薬局が行う、という医薬分業が進んでいます。

保険調剤薬局では、薬剤師が調剤に専念するため、処方せんの受付や会計を担当するための専任事務担当が求められています。

調剤報酬の仕組みを理解し、正確に調剤報酬を算定し請求できる事務担当者は、薬局運営のサポート役として必要な存在です。

調剤事務管理士の資格は、調剤報酬の算定に関する知識とスキルの証となります。

調剤事務管理士は、調剤薬局において保険の確認や調剤報酬請求明細書(レセプト)の作成など、薬局収入の根幹を担う調剤報酬請求のスペシャリストとして欠かせません。

「医薬分業」の推進によって調剤薬局ではレセプトの作成業務と発行枚数が急増しており、薬局の数も増えていることから、調剤事務管理士への要請と期待はますます高くなっています。

調剤報酬や医療保険制度、薬に関する知識はもちろん、薬剤師をサポートする細やかな配慮と患者さんに対する接遇が求められる仕事です。

この記事のカテゴリーは「医療事務資格」です。
医療事務系の各資格についてまとめています。
関連記事

医療秘書技能検定(民間資格)資格の取得情報

■医療秘書技能検定(民間資格)資格の取得情報です。 ・医療秘書技能検定の概要 医療機関などで保険診療の明細書を作成したりする病院の窓口会計が主な業務です。病院実務のスペシャリスト養成が目的です。病院だ...

メディカルクラーク(医療事務技能試験・民間資格)取得情報

メディカルクラーク,医療事務技能試験,民間資格

医療保険士資格の取得情報

医療保険士,資格取得情報,医療保険士とは?

調剤報酬請求事務専門士資格の取得情報

調剤報酬請求事務専門士,資格取得情報,調剤報酬請求事務専門士とは?,レセプト

更新履歴

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月09日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「医療事務資格」です。2007年08月04日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月03日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月01日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索