トップ > 医療事務資格 > 調剤報酬請求事務専門士資格の取得情報

調剤報酬請求事務専門士資格の取得情報

調剤報酬請求事務専門士(民間資格)資格の取得情報です。

・概要
薬剤師を強力にバックアップできる、優秀な「調剤報酬請求事務専門士」育成を目的としています。調剤事務において、公式に履歴書等に記載できる唯一の民間資格です。調剤薬局への就職に有利です。3、2、1級の3段階があります。

・受験資格
特になし

・試験内容
1級
学科50問と実技(処方せん3枚の設問箇所点数を求める・処方せん1枚調剤報酬明細書作成)

2級
学科50問と実技(レセプト明細書作成など)

3級
学科30問と実技(レセプト明細書作成など)

・試験日
7月、12月の第1土曜日の年2回。

・試験会場
北海道、東北、上越、北陸、北関東、南関東、中部、阪神、中国、九州地区の各9地域の予定

問合せ先
調剤報酬請求事務専門士検定協会統括部事務局検定係
〒171-0014
東京都豊島区池袋2-24-6
林ビル 2F
TEL:03-3981-0983
URL:http://www.chouzai.info


調剤報酬請求事務専門士とは?

種保険制度、医事法規一般、薬学業務、薬学一般(医薬品の種類、薬効分類)などの教育訓練をし、調剤報酬明細書の作成をする仕事に必要な資格です。

調剤薬局での調剤レセプト作成、点検知識、接遇マナーなど即戦力となるための資格検定。就職時にもポイントが高く有利な資格で、年2回実施しています。

今日では、医薬分業により調剤薬局の重要性が注目されています。医療と同じように調剤でも保険による請求が行われます。

調剤報酬請求事務専門士は調剤薬局で業務を行う道があります。また、ドラッグストアでもその技能が求められています。

医薬分業により院外処方が増加しており、今後ますます特別な調剤レセプトが作成できる人材が必要となっているからです。

この記事のカテゴリーは「医療事務資格」です。
医療事務系の各資格についてまとめています。
関連記事

医療秘書技能検定(民間資格)資格の取得情報

■医療秘書技能検定(民間資格)資格の取得情報です。 ・医療秘書技能検定の概要 医療機関などで保険診療の明細書を作成したりする病院の窓口会計が主な業務です。病院実務のスペシャリスト養成が目的です。病院だ...

メディカルクラーク(医療事務技能試験・民間資格)取得情報

メディカルクラーク,医療事務技能試験,民間資格

医療保険士資格の取得情報

医療保険士,資格取得情報,医療保険士とは?

調剤報酬請求事務専門士資格の取得情報

調剤報酬請求事務専門士,資格取得情報,調剤報酬請求事務専門士とは?,レセプト

更新履歴

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月09日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「医療事務資格」です。2007年08月04日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月03日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月01日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索