トップ > 医療リハビリ系資格 > 義肢装具士資格の取得情報

義肢装具士資格の取得情報

義肢装具士(国家資格)資格の取得情報です。

・概義肢装具士資格要

事故や病気などで身体機能が失われた方に対し、義手や義足、コルセットなどを製作する専門家です。リハビリテーションまでの専門知識が必要です。将来性のある有望資格です。

・義肢装具士資格受験資格

大学入学資格を持つもので、指定された義肢装具士養成所において、3年以上義肢装具士として必要な知識および技能を修得した者など

・義肢装具士資格試験内容
1.臨床医学大要
2.義肢装具工学
3.義肢装具材料学
4.義肢装具生体力学
5.義肢装具採型・採寸学
6.義肢装具適合学

・義肢装具士資格試験日
3月上旬

・義肢装具士資格試験地
東京都

・義肢装具士資格に関する問合せ先
(財)テクノエイド協会試験研修部
〒162-0823
東京都新宿区神楽河岸1-1
セントラルプラザ 4F
TEL:03-3266-6882
URL:http://www.techno-aids.or.jp


義肢装具士とは?

病院やリハビリ施設で、患者と医師の処方に基づいて、義肢や装具の製作、まらそれを患者に適合させることを行うものの資格です。所定の教育課程を修めた後、(財)テクノエイド協会が実施する「義肢装具士国家試験」に合格しなくてはなりません。

義肢装具士法は、1987[昭和62]年にできたばかりの新しい法律です。

この法律によれば、義肢とは、「身体の上肢または下肢の全部、あるいは一部に欠損のある人に装着して、その欠損を補てんするか、機能を代替するための器具器機のこと」とあります。

わかりやすく言うと、腕や足に欠損のある人に装着して、その不自由を補ったり、失われた機能を代行してくれるための器具のことを言います。

また、装具については、同法律において、「身体の上肢または下肢の全部、または一部の機能に障害のある人に装着して、その機能を回復させるか機能低下を抑制して、機能を補完するための器具器械のこと」と規定されています。

腕や足、胴体の機能に障害のある人に装着して、身体の機能を回復したり、不自由を補ってくれる器具のことです。

義肢装具士とは、交通事故や工場災害、疾病などによって手や足を失った患者の身体に合うよう、義手、義足、装具などを設計・製作し、適合を調節し、患者のすみやかな社会復帰を援助する仕事を行う有資格者のことです。

これら一連の作業は、いずれも医師の指示のもとに行なわれます。

この記事のカテゴリーは「医療リハビリ系資格」です。
医療リハビリ系の資格をまとめています。
関連記事

理学療法士資格(国家資格)取得情報

理学療法士,資格,国家資格

視能訓練士資格の取得情報

視能訓練士、資格取得情報、視覚訓練士,ORT

義肢装具士資格の取得情報

義肢装具士,資格取得情報,(財)テクノエイド協会試験研修部,義肢装具士とは?

言語聴覚士資格の取得情報

言語聴覚士,国家資格,取得情報,言語聴覚士とは?

更新履歴

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月09日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「医療事務資格」です。2007年08月04日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月03日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月01日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索