トップ > 医療リハビリ系資格 > 理学療法士資格(国家資格)取得情報

理学療法士資格(国家資格)取得情報

理学療法士(国家資格)

・理学療法士資格概要

身体に障害を持つ方の一日も早い社会復帰を目指し、体操などの運動療法、電気刺激マッサージ、温熱などの物理的手段を加えたりする療法による治療に従事するのが理学療法士です。人材ニーズが高く、取得希望者が多い資格です。

・理学療法士受験資格

大学入学資格があり、文部科学大臣が指定した学校か厚生労働大臣が指定した理学療法士養成施設において、3年以上、理学療法士として必要な知識、技能を修得した者等

・理学療法士試験内容

一般問題と実地問題の筆記試験がある。

・一般問題
1.解剖学
2・生理学
3.運動学
4.病理学概論
5.臨床心理学
6.リハビリテーション医学
7.臨床医学大要及び理学療法

・実地問題
1.運動学
2.臨床心理学
3.リハビリテーション
4.臨床医学大要及び理学療法

・理学療法士試験日

3月上旬

・理学療法士試験地

北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、香川県、福岡県、沖縄県

・理学療法士に関する問合せ先

厚生労働省医政局医事課試験免許室
〒100-8916
東京都千代田区霞ヶ関1-2-2
TEL:03-5253-1111


理学療法士とは

理学療法士は、一般に考えられている高齢者、交通事故などにより発生した身体機能障害の回復のためのトレーニングのみならず、脳卒中での半身不随などから、新生児の運動能力の発達の遅れ、骨粗鬆症の患者など多様な、身体的な障害を持つ人に対して、リハビリテーション医(時に歯科医師)の指示の下、その基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行わせ、及び電気刺激、運動療法、温熱その他の物理的手段を加える者であり、その活動を理学療法といいます。

こうした治療を中心としたリハビリテーション病院も少しずつですが、増えてきています。 大学・専門学校教育においてこの職種の養成教育が始まり、当初は養成校の数は少なかったのですが、現在では急激に増設され、大学および大学院教育も行われるようになり、理学療法士の数そのものも増加しています。

大学など養成校での修学過程を終了後、国家試験の受験資格を得ます。資格創設初期においては人員確保の為、医療施設勤務の柔道整復師からの資格転向が例外処置として認められていました。

理学療法士資格にかんするご理解は深まったでしょうか?理学療法士資格は、このように社会的に要請されているものです。ぜひ、がんばって、理学療法士資格取得を目指してください。

この記事のカテゴリーは「医療リハビリ系資格」です。
医療リハビリ系の資格をまとめています。
関連記事

理学療法士資格(国家資格)取得情報

理学療法士,資格,国家資格

視能訓練士資格の取得情報

視能訓練士、資格取得情報、視覚訓練士,ORT

義肢装具士資格の取得情報

義肢装具士,資格取得情報,(財)テクノエイド協会試験研修部,義肢装具士とは?

言語聴覚士資格の取得情報

言語聴覚士,国家資格,取得情報,言語聴覚士とは?

更新履歴

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月09日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「医療事務資格」です。2007年08月04日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月03日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月01日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索