トップ > 歯科系資格 > 歯科技工士資格の取得情報

歯科技工士資格の取得情報

歯科技工士(国家資格)資格の取得情報です。

・歯科技工士資格概要
歯科技工士は、入れ歯(義歯)、さし歯、金冠や矯正装置などの製作・加工・修理を行う技術者です。歯科医院、歯科技工所、総合病院の歯科、歯科器材メーカーなどで働きます。

・歯科技工士資格受験資格
1.文部科学大臣の指定した歯科技工士学校を卒業した者
2.厚生労働大臣の指定した歯科技工士養成所を卒業した者
3.歯科医師国家試験または歯科医師国家試験予備試験の受験資格のある者など

・歯科技工士資格試験内容

学説試験

解剖学(歯の解剖学・口腔解剖学)
有床義歯技工学(全部床義歯学・部分床義歯学)
歯冠修復技工学(クラウンブリッジ補綴学・保存修復学)
矯正歯科技工学
小児歯科技工学
顎口腔機能学
歯科理工学
法規

実地試験

歯冠彫刻(必修)
全部床義歯の人工歯排列と歯肉形成(必修)
歯冠修復物のワックス形成、部分床義歯の維持装置・連結装置製作など(都道府県により行わない年度もあります)

・歯科技工士資格試験日
各都道府県で異なります。

・歯科技工士資格試験地
各都道府県が指定する試験場

■歯科技工士資格に関する問合せ先
各都道府県衛生部医務課


歯科技工士とは?

歯科技工士(しかぎこうし)とは、歯科医師が作成した指示書を元に義歯(入れ歯)や補綴物(差し歯・銀歯)などの製作・加工を行う医療系技術専門職です。

今日の歯科医療の向上と医業の分業化に伴い、非常に高度な精密技工技術と審美感覚が求められています。

歯科技工士法に基づく厚生労働大臣免許の国家資格であり業務独占資格であるため、歯科医師もしくは歯科技工士以外が歯科技工業務を行うことは法律で禁止されています。

歯科技工士とは、歯科医師の指示のもと、入れ歯(義歯)、差し歯、金冠、矯正装置などの製作、修理などを行う専門技術者がもつ、厚生労働大臣認定の国家資格です。

最近では歯並びや歯の形、色に対する審美的な需要も伸び、それらの要望に応える新素材に関する知識や技術に特化した歯科技工士は、ますますニーズが伸びつつあります。

人間の咀嚼(そしゃく)機能や発生機能の回復向上などに貢献する人材としても、歯科医療にはなくてはならない存在となっています。

受験資格には文部科学大臣認定の歯科技工士学校、または厚生労働大臣指定の歯科技工士養成所を卒業すること等の条件が設けられ、試験実施は、各都道府県によって時期が異なります。

この記事のカテゴリーは「歯科系資格」です。
歯科医師、歯科技工士など歯科系の資格をまとめています。
関連記事

歯科医師資格(国家資格)取得情報

歯科医師,国家資格,口腔衛生

歯科衛生士資格の取得情報

歯科衛生士,国家資格,資格取得情報,歯科衛生士とは?

歯科技工士資格の取得情報

歯科技工士,資格取得情報,歯科技工士とは?

更新履歴

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月09日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「医療事務資格」です。2007年08月04日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月03日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月01日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索