トップ > 医療鍼灸師系 > 柔道整復師の資格取得情報

柔道整復師の資格取得情報

柔道整復師の資格取得情報です。

・概要

柔道整復師は、「ほねつぎ」や「接骨師」、「整骨師」とも呼ばれます。打撲や捻挫、脱臼、骨折などの応急措置や補助的治療を行います。接骨院、整形外科等へ勤務しながら経験を積み、その後独立開業をするものが多い。

・受験資格

文部科学大臣または厚生労働大臣が指定した専門学校などの柔道整復師養成施設で、3年以上柔道整復師として必要な知識及び技能を修得した者(高等学校卒業と同等以上の学歴も要する)


・試験内容

解剖学、生理学、運動学、病理学概論、衛生学・公衆衛生学、一般臨床医学、外科学概論、整形外科学、リハビリテーション医学、柔道整復理論、関係法規

・試験日

3月

・試験地

北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県

・問合せ先

(財)柔道整復研修試験財団
〒103-0006
東京都中央区日本橋豊沢町8-7
サンビル 4F
TEL:03-5652-3323


柔道整復師とは?

柔道整復師とは、接骨・ほねつぎとして一般的に知られている柔道整復を業とする者で、柔道整復師国家試験に合格した者に対して、厚生労働大臣が与える国家資格です。

医療系資格として扱われ、独立開業ができ、地域社会に密着した医療として注目されています。

柔道整復の業務は、打撲、捻挫、脱臼及び骨折に対して、外科手段、薬品の投与等の方法によらないで、応急的若しくは医療補助的方法によりその回復を図ることを目的としています。

柔道整復師法(昭和45年法律19号)に基づいて捻挫や打撲といった外傷に対する施術(柔道整復術=接骨、ほねつぎ療治とも)を行う者です。

昔は千住名倉などに代表されるような家伝の接骨術を継承してきたほねつぎや、柔道の師範・師範代、経験者でも相当な実力を有する者が資格を取得し、道場に併設する形で営まれる接骨院が多かったようです。

しかし、現在では、道場自体が減少していることもあり、道場に併設される接骨院は減少しています。近年の資格取得者は、もともとは柔道とは無関係の者が増加しています。

この記事のカテゴリーは「医療鍼灸師系」です。
鍼灸師などの資格についてまとめています。
関連記事

はり師資格取得情報

はり師,資格,鍼,経穴,ツボ,鍼灸師,財団法人東洋療法研修試験財団

あん摩マッサージ指圧師資格取得情報

あん摩マッサージ指圧師,財団法人東洋療法研修試験財団,はり師,きゅう師

リフレクソロジストの資格取得情報

リフレクソロジスト,資格取得情報,日本リフレクソロジスト認定機構,JREC,リフレクソロジーとは?

柔道整復師の資格取得情報

柔道整復師,資格取得情報,医療系資格,接骨,ほねつぎ

更新履歴

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月09日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「医療事務資格」です。2007年08月04日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月03日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月01日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索