トップ > 資格の取り方 > ビジネス関係の資格試験についてとは?

ビジネス関係の資格試験についてとは?

ビジネス関係の資格試験についてとは?

ビジネス関係の資格試験には、それこそ、超難関の国家試験から、取得してもさして意味のない民間資格の試験まで、さまざまなものがあります。

就職・転職・独立起業の際にも有利で、キャリアアップにも役立ち、企業からの評価も高い――。

そんなビジネス系資格には、どんなものがあるのでしょうか?

一般的には、ビジネスマンとしてのスキルの証明としては、簿記、パソコン、語学力(英語)が挙げられます。

まず、簿記については、日商簿記検定2級以上の試験を受けて資格を取ると、就職や転職の際にも有利と言われています。

経理部に所属しない人でも、営利を目的とした企業で働く以上、会社の経営状況を適切に把握する力は必要とされます。ビジネスマンにとっては、欠かせないスキルの一つです。

次にパソコン関係の資格はどうでしょうか。

情報処理関係の、プログラマー的スキルまでは要求されませんが、ビジネスマンとしては、基本的なパソコン操作ができるということの証明となるような資格試験には合格しておきたいものです。

例としては、P検(パソコン検定)や、Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)等です。

次に、英語力です。

英語の資格試験には、TOEIC、英検、TOEFLが有名ですが、ビジネスマンとしては、TOEIC700程度のスコアがあると、多くの企業や官公庁等で重宝されます。

英検の場合は、社会的に評価されるのは2級以上と言われています。

――簿記、パソコン、語学(英語)の面から、ビジネスマンとして求められるスキルを見てきましたが、実際に携わる職業の分野や職種によって、活きる資格は違ってきます。

自分の進みたい道と、企業が求めるスキルを考え合わせて、目的にあった資格を取得したいものです。


ビジネス系の資格試験について

ビジネスパーソンに欠かせない資格とは何でしょうか?

それぞれの職業に固有の資格試験は別として、基本的にどの企業からも求められるのは、パソコンのスキル、英語でのコミュニケーション能力、簿記・会計に関する知識といったところではないでしょうか。

パソコンスキルに関しては、事務系の職種ならExcelやWordなど、オフィス製品を使いこなせるスキル。または、パソコンに関する総合的な知識や能力を問われるパソコン検定(P検)などがビジネス系資格として人気です。

英語関係では、近年、TOEICのスコアが、企業標準となりつつあります。

ビジネス上のコミュニケーションができる程度には習熟しておきたいものです。

簿記・会計の知識に関しては、日商簿記検定の2級以上の資格試験を受けて合格しておくと、就職や転職の際にも有利です。簿記を理解できれば、企業の経営についても理解できるようになるので、ビジネスパーソンとしては必須の資格と言えるでしょう。

また、その他の、スタンダードなビジネス系公的資格としては、ビジネス能力検定試験(B検)、秘書技能検定などがあります。

これらは、総合的かつ基本的な、ビジネスマンとしての力量を測る目安となるものと言えるでしょう。

最近では、ビジネス実務法務検定試験という、法律実務知識を問う検定試験も人気が高まってきています。

ビジネス系資格と言っても、さまざまなものがありますが、宣伝や流行に惑わされず、目的に合致した資格試験に挑んでいただきたいものです。

この記事のカテゴリーは「資格の取り方」です。
資格の取り方、資格を学ぶ学校他、資格についてまとめてみました。
関連記事

資格試験の学習法とコツについて〜過去問が大事

資格試験,学習法,コツ,過去問

就職、転職に有利な資格とは?

就職、転職に有利な資格とは? 「就職、転職に有利な資格って何でしょうか?」と、よく聞かれます。 しかし、ちょっと待ってください。 就職、転職に有利な資格というのは、それこそ星の数ほど存在しています。 ...

20代〜30代に人気の講座とは?

20代〜30代に人気の講座とは?

語学の資格試験について

語学の資格試験について

更新履歴

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月09日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「医療事務資格」です。2007年08月04日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月03日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月01日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索