トップ > 資格の取り方 > 保育士の資格とは?

保育士の資格とは?

保育士の資格とは?

保育士の資格は、2003年に国家資格になりました。

以前は「保母」と呼ばれていた仕事ですが、男性の志望者も増えてきたことから、「保育士」という名称に改められました。

主に保育所や児童福祉施設で、子供たちの保育をすることが、保育士の仕事です。

保育士の資格は、指定された養成学校を卒業するか、都道府県が行う保育士の試験に合格しなければいけません。

試験の合格率は、1割程度。大学や短大等の養成学校に通うよりも学費は安くすみますが、なかなか根気のいる道とも言えます。

また、幼保一元化により、平成17年度から、幼稚園と保育園を合わせた、新たな総合施設ができます。

よく混同されがちですが、保育園の先生やベビーシッターになるには、保育士の資格が必要です。

しかし、幼稚園の先生になるには、保育士の資格ではダメで、幼稚園教諭二種免許状が必要になります。

そして、新たな総合施設の先生になるためには、その両方の免許・資格が必要なのです。

卒業と同時に両方が取得できる養成学校もありますので、検討してみると良いでしょう。


保育士の資格について

保育士の資格は、子供好きの人に根強い人気を誇る国家資格の一つです。

保育士の資格を取ると、保育園やベビーホテル、託児所などで勤務することができます。

資格を取るための一般的な道は、保育系の大学・短大・専門学校を卒業すること。

この場合、無試験で保育士の資格が取れるだけでなく、幼稚園教諭の免許状も、同時に取れる場合もあります。

また、通信課程のある保育系大学もあるので、検討してみてもいいでしょう。

資格を取るためのもう一つの道は、保育士の資格試験に合格することです。中卒・高卒の場合には、実務経験も条件になってきます。

ただ、合格率は10パーセント程度ですので、なかなか厳しい道とも言えるかもしれません。

保育士の試験には8科目あり、合格した科目は、翌年・翌々年の試験は免除されます。

ですから、一度で全科目合格にならなくとも、あきらめずにコツコツと勉強を続けて、資格を取得していただきたいものです。

この記事のカテゴリーは「資格の取り方」です。
資格の取り方、資格を学ぶ学校他、資格についてまとめてみました。
関連記事

資格試験の学習法とコツについて〜過去問が大事

資格試験,学習法,コツ,過去問

就職、転職に有利な資格とは?

就職、転職に有利な資格とは? 「就職、転職に有利な資格って何でしょうか?」と、よく聞かれます。 しかし、ちょっと待ってください。 就職、転職に有利な資格というのは、それこそ星の数ほど存在しています。 ...

20代〜30代に人気の講座とは?

20代〜30代に人気の講座とは?

語学の資格試験について

語学の資格試験について

更新履歴

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月09日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「医療事務資格」です。2007年08月04日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月03日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月01日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索