トップ > 資格の取り方 > 語学の資格試験について

語学の資格試験について

語学の資格試験について

語学関係の資格試験やテストといえば、TOEIC、TOEFL、実用英語技能検定(英検)などが有名です。

分類上からすると、TOEICやTOEFLは、非常にスタンダードで社会的評価が高い語学試験の割に、民間資格となっています。

語学関係の民間資格には、他にも、中国語、ドイツ語、ロシア語、タイ語やインドネシア語等々、さまざまなものがあります。

一方、英検や実用フランス語技能検定、フランス語能力認定試験、スペイン語技能検定は公的資格です。

また、語学関係で唯一の国家資格ながら、受験者も少なくマイナーなのが、「通訳案内士(ガイド)試験」。

これは、通常の語学力に加えて、日本の地理や歴史、産業等に関する幅広い知識が求められる、特色ある資格試験です。

一般企業でニーズが高いのは、やはり、TOEICと英検でしょう。特にTOEICは、多くの企業や官公庁等で、昇進・昇格・人事等を決める際に利用されており、700程度のスコアがあると、就職・転職にも有利だと言われています。


同じ英語関係の資格やテストであっても、その評価は、職場のニーズや目的によって異なります。

自分に必要な資格を見極めて、目的に応じた資格を選ぶようにしましょう。


就職、転職に有利な資格?

資格を取ろうとするとき、その資格が、「就職、転職に有利な資格であるかどうか」という観点は見逃せないでしょう。

しかし、職種や仕事の分野によって、“持っていると有利な資格”というのは千差万別です。

IT業界ならシスアド、不動産業界なら宅建(宅地建物取引主任者)、金融業界ならファイナンシャル・プランナー、旅行業界なら一般旅行業務取扱主任者等々、有効であると言われる資格は多岐に渡ります。

それでは、医師、弁護士、司法書士、税理士等々の、独立開業可能な超難関の国家資格は別として、一般的には、どんな資格を持っていると、就職、転職に有利と言えるのでしょうか?

ビジネス系資格としては、英語力判定のTOEICで700程度のスコア、日商簿記検定2級以上、英検(実用英語技能検定)1級、秘書検定1級あたりが、社会的に信頼を得ている資格として挙げられるでしょう。概ね、どんな業種にも通用するものです。

事務職の場合は、パソコン検定(P検)、MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)など、実戦力としてのスキルが評価されるものが、就職、転職に有利な資格と言えます。

就職・転職を考えるならば、社会的評価の高い資格は、取得するに越したことはありません。

しかし、資格取得は、一定の知識・スキルの証明にはなりますが、それだけで採用が決まるものではありません。

実務経験や豊かな人間性、やる気が伴ってこそ活きるものだということを忘れずに、目標とする資格の取得に励んでいただきたいと思います。

この記事のカテゴリーは「資格の取り方」です。
資格の取り方、資格を学ぶ学校他、資格についてまとめてみました。
関連記事

資格試験の学習法とコツについて〜過去問が大事

資格試験,学習法,コツ,過去問

就職、転職に有利な資格とは?

就職、転職に有利な資格とは? 「就職、転職に有利な資格って何でしょうか?」と、よく聞かれます。 しかし、ちょっと待ってください。 就職、転職に有利な資格というのは、それこそ星の数ほど存在しています。 ...

20代〜30代に人気の講座とは?

20代〜30代に人気の講座とは?

語学の資格試験について

語学の資格試験について

更新履歴

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月09日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「医療事務資格」です。2007年08月04日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月03日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「カウンセラー系資格」です。2007年08月01日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索